« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

小学校でもクリスマス

息子の通っている小学校でもクリスマスのプログラムがありましたxmas

ランゲージプログラムの一環で、サンタに手紙を書くプロジェクトと、絵本を読んでくれたり、ムービーを見たりします。

ムービーを見る日は、

The Polar Express Day

と言って、各自パジャマや枕、ブランケットを持参して、パジャマ姿でThe Polar Express というムービーを見ました。
始まる前には、この絵本を先生が大迫力で読んでくれましたshine

Dsc_0066_r

途中から先生たちが何か準備をし始め・・・・
そう、ホットチョコレートの準備をしていたんですsign01
この前の週に、この日に出す、ホットチョコレートやクッキー・プレート、スプーンなどを寄付してくださいって言う手紙が来て、うちはプラスチックのスプーンを寄付したんです。

Dsc_0072_r

映画の途中休憩のときに、静かにしていたグループから順番にもらい食べます。

Dsc_0079_r

Dsc_0077_r

学校の中も、クリスマスツリーもあるし、各クラスいろいろ飾ってあります。

Dsc_0099_r

Dsc_0100_r

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

こんなものにも・・・・

こんなクリスマスプログラムにも参加しましたhappy01

私の通っている学校では、いろいろなアクティビティがあるのですが、特にこのクリスマスの時期はいっぱいあったような気がします。

ジンジャーブレッドハウスを作ったり、クリスマスツリーのオーナメントを飾ったり、ソックスのデコレーションがあったりしました。
夜にも、ユタ大学でのクリスマスのパフォーマンスを見たり、リバティーパークでクリスマスアクティビティに参加したりと、こうやって書いているだけで忙しかったのも納得だわcoldsweats01

リバティーパークでのアクティビティは、とにかく寒かったですdespair
それも撮影しちゃいけなかったので、記録もないしweep
アラビアンぽい人にくっついていき、各ポイントでキリストの誕生のお話を聞きます。
その話にまつわる動物もいて、それも見ることができました。

Dsc_0025_r

この日は、気温が氷点下だったので、こうやって待っている間暖をとりました。

Dsc_0026_r

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Christmas Party!

私の通っている学校で、セッション最後の日にクリスマスパーティが開かれました。

3時間目のスピーキングの時間に行われたのですが、テーブルには、野菜スティック・ポテトチップス・クラッカー・チーズボール(クリームチーズやチェダーを丸くボールにしたものにナッツなどをまぶしたもの)・オレンジ・パウンドケーキ・クッキー・ホットスパイスアップルなど伝統的なクリスマススタイルのフードがのっかっていましたhappy02
チーズ好きな私は、チーズボールがお気に入り。
これをクラッカーにつけて食べるのがやみつきになりそうですhappy01

Dsc_0109_r

だいたいみんなの食べるのが終わった頃に、テーブルのまん中にプレゼントを集めます。
(一人$5前後のプレゼントを持っていくことになっていました)
あらかじめ番号札をもらっていたので、その順番でプレゼントを選んでいきます。
他の人がもらったものでもほしければそれを選べます。
とられたり、取り返したりで散々盛り上がり終わりかと思ったら・・・・
今度は、先生がポエムを読みそこに右へ回せとか左へ回せとかのフレーズがあり、あんなにもりあがってゲットしたギフトがまたしても右へ行ったり左へ行ったりbearing
ぐるぐる回って、まったく違うものがやってきました!
しかし、これでは終わりませんcoldsweats01
ほしいものを持っている人と交渉可能です。
私はチョコを持っていたのですが、DVDと交換の交渉があったので交換しました。
それをまた先生が持っていた、バスジェルと交換しました。

Dsc_0234_r

最後に、先日作ったストッキングにお菓子やらカップなどをいっぱい詰めてもらって、持って帰りましたheart01
りんごやみかんなども入っていてびっくりですwobbly

Dsc_0235_r

もうひとつ参加したパーティは、アメリカ人主催のパーティだったのですが、やはり同じようにプレゼント交換をしましたshine

Img_2315_r

プレゼントの交換の前には、ブッフェ形式でお食事をいただきました。

Img_2304_r

Img_2314_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教会主催のクリスマスアクティビティ

私の住んでいるユタは、モルモン教を信仰する人たちが90%しめています。
毎週に日曜日に教会へ行き、ふだんの日もいろいろと活動があります。
私は、信者ではないのですが、これも経験と思い、いろいろなところに顔を出し参加させてもらっています。

クリスマスのこの時期は、いろいろと催しものがあります。

子供を教会でボランティアの人にみてもらって、主婦たちのクリスマスパーティがありました。
これは、10人ぐらいのグループに別れ、そのグループごとに3軒の家を回ります。
1軒目のお宅でスープをいただきました。

Dsc_0001_r

Dsc_0003_r

2件目のお家では、ホットココアとホットアップル。

Dsc_0008_r

3軒目のお宅では、サラダをいただきました。
どこの家もモデルルームの用に素敵ですshine

最後に教会に戻り、ここでデザートのブラウニーとアイスクリームを食べます。

Dsc_0015_r

これけっこう楽しかったですhappy01

次の週は、カブスカウトのアクティビティで、子供がすでに巣立ってしまい大人しかいない家にみんなでクリスマスソングを届けます。
子供たちが、家をノックして出てきたところで歌を歌います。
歌い終わったら代表の子がプレゼントを渡します。
一緒について回る親たちも一緒に楽しんで歌っていましたhappy02

Dsc_0044_r

最後に、教会で一同が集まった大きなクリスマスパーティがありました。
これは、持ち寄りパーティみたいな感じで、ブッフェ形式でお料理をとっていきます。

Dsc_0204_r

Dsc_0205_r

食べ終わると、子供たちの歌があったり、余興の人の楽器演奏があったりしました。

Dsc_0207_r

こうやって、いろいろと催し物があってこの時期本当に忙しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

お菓子のお家と汽車ポッポ

クリスマスが来るまでにどこの家庭でもジンジャーブレッドハウスを作りますhappy01
ジンジャーブレッドハウスとは、お菓子の家のことです。

Img_2358_r
スーパーでキットが売っているので、ほとんどの家はこのキットを使って作っているようです。
だいたい$10前後で売っていて、とっても立派なジンジャーブレッドハウスが出来上がりますhappy02

Img_2352_r

私も学校のアクティビティで作りましたcake

Img_2354_r

知り合いのお宅では、キットではなくクッキーやチョコ、キャンディケーンを使ってチューチュートレインを作っていましたhappy02
私にも教えてくれるって言ってくれましたheart01

Dsc_0361_r

ここの家のものは、とってもゴージャスで家もキットではなく自分で作ったそうです。
画像がイマイチですが、家の周りに汽車が走ってしるように工夫されています。

カブスカウト(ボーイスカウトの8歳から12歳)で、このチューチュートレインを作るアクティビティがありましたshine
私も見学に行ったら、一緒に作ろうって言ってくれて(あのお宅だったからね)うれしかったのですが、子供たちにまかせひたすら撮影coldsweats01

Dsc_0317_r
土台をこんな感じに作ります。

Dsc_0318_r
この中のものはなんでも使っていいんです!
アイシングを使って、これをデコっていきます。

Dsc_0319_r_2 

ちびっ子たちは、他の部屋で遊んでいて出来上がった頃に来てつまみぐい大会でしたcoldsweats01

Dsc_0359_r

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Merry Christmas

日本では、もう25日になってしまったと思いますが、こちらユタは24日のクリスマスイヴです。

サンクスギビングが終わってから、いっきにクリスマスムードになって、街のいたるところでイルミネーションが輝いています。
もちろん、パーティもいっぱいあって、毎日毎日ほんと忙しかったです。
少しずつ、こちらのクリスマスを紹介していきますねhappy01

まずは、ユタといえばモルモン教(私は違います)。
その総本山のテンプルスクエアでは、ディズニーランドも真っ青なほどライトアップされています。

Dsc_0033_r

Dsc_0255_r

Dsc_0071_r 

Dsc_0037_r

このテンプルスクエアでは、毎週日曜日に、モルモンタバナクル合唱団によるオーケストラが行われています。
この時期は、クリスマスバージョンなので、おなじみの曲がたくさん使われていました。

Dsc_0022_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »